オリジンキャットフード|原材料成分や口コミ評判を徹底解析!

オリジンキャットフード

オリジンのキャットフードは他の猫用フードとは違い、味、栄養、質が一回り違います。

 

使用している原料もこだわっているのです。肉や魚のみならずに、野菜とハーブも使った、健康を第一に考えた健康食品として当てはまります。使用している新鮮な原材料はメリットだらけで、デメリットは見つかりにくいポイントがあります。

 

ただコスパが少し高いので賛否両論もありますが、ペットが喜んで食いつく様子は、オリジンのキャットフードが良質だと証明しているのかもしれませんね。ここではそんなオリジンのキャットフードは本当に良質な原材料を使用していてコスパは適正なのかも徹底的に解析してみましたのでご参考になれば幸いです。

 

オリジンキャットフード

 

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフード詳細

販売会社 有限会社アカナファミリージャパン
製品名 オリジン キャット&キトゥン キャットフード
年齢対応 オールライフステージ(全猫種用)
こだわり バラエティー豊かな原材料を使用し生物学的に考えたキャットフード
販売価格/容量 7344円(税込)/2.27kg
製造国 カナダ
製造工場の信頼度 安心(トレーサビリティーシステムあり)
お得な定期コース なし
返品・交換 お客様の都合による返品は不可/公式サイトにお客様お問い合わせ窓口あり

 

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフードの原材料成分

オリジンキャットフード

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフード原材料一覧
新鮮骨なし鶏肉(20%)、乾燥鶏肉(15%)、新鮮鶏レバー(4%)、新鮮丸ごとニシン(4%)、新鮮骨なし七面鳥肉(4%)、乾燥七面鳥肉(4%)、新鮮七面鳥レバー(3%)、新鮮全卵(3%)、新鮮骨なしウォールアイ(3%)、新鮮丸ごとサーモン(3%)、新鮮鶏ハツ(3%)、鶏軟骨(3%)、乾燥ニシン(3%)、乾燥サーモン(3%)、鶏レバー油(3%)、鶏肉脂肪(2%)、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉、発酵乾燥腸球菌フェシウム+ビタミン&ミネラル
※気になる原材料は赤文字で記載しています。

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフード成分一覧
粗たんぱく質42.0%以上、脂肪20.0%以上、繊維3.0%以下、水分10%以下、リン1.1%以上、マグネシウム0.09%以上、カルシウム1.4%以上、リノール酸(オメガ6)3.5%以下、リノレン酸(オメガ3)1.2%以下、タウリン0.25%以上、カロリー:406kcal/100g

 

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフードの危険度をチェックしました

下記の項目ではキャットフードに入っていたら危険な添加物と食材が使われていないかを一覧にしてみました。穀物や添加物は長期に渡って食べ続けると消化器官やアレルギーへのリスクが高くなったり発がん性や遺伝性の病気の確立が高くなることがありますのでチェックしてみてください。

 

穀物(アレルギーや消化器官のリスクあり)

なし

副産物(人間が食べない肉など)

なし

4Dミート(狂犬病やガンになった動物の肉)

なし

BHA・BHT(発がん性が強い)

なし

エトキシキン(毒性が非常に強い)

なし

人口香料(発がん性が強い)

なし

着色料(甲状腺・食欲低下など)

なし

 

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフードの原材料成分・添加物などの危険度をチェックしたまとめ

オリジンキャットフード

 

オリジンキャット&キトゥンの原材料や成分などを調べてきましたが、非常に安心できるキャットフードだとわかりました。

 

安価なキャットフードだと、炭水化物を多めに使い、固い触感を出す傾向にあるのですが、オリジンのキャットフードはトウモロコシや穀物類を使用していないので、栄養になる成分がぎっしりと詰まっています。

 

猫は肉食動物であり、野菜は食べたがらない傾向があるので、オリジンのキャットフードは猫にとってうれしい食材を豊富に使用しています。肉を豊富に使用しているので、猫も抵抗なく食べてくれそうですね。

 

野菜だけではなく、ナッツ類や果物も配合されている、栄養価の高いキャットフードの為、コスパはカナガンモグニャンに比べると非常に高い印象を受けます。

 

当サイトでも安心しておすすめできるオリジンのキャットフードなのですが、販売されている容量が340g 1,458円 2.27s 7,344円 6.8s 15,120円と意外と高いので同じレベルのキャットフードでもっとコスパが良い物が選ばれてしまっています。

 

このページを読まれた方は下記のページも読まれています

 

オリジンキャットフード

 

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフードの口コミ評判

オリジンャットフードの口コミ評判をyahoo知恵袋や公式サイトの口コミ、Amazonの評価などを調べてみましたのでご紹介します。

皮膚炎がかなり良くなってきました!
オリジンキャットフード

皮膚炎で舐めこわしでハゲが出来ていました。ロイヤルカナンの低分子プロテイン(アレルギー対応)やヒルズのz/d(低アレルギードライ)に変えても、いつも身体のどこかにかさぶたや湿疹がある状態でした。それがオリジンキャットフードに変えてから二週間で、全く湿疹が無くなりました。股関節や脇の下もふわふわの産毛が生えてきて、今どこにもかさぶたが無い状態です。アレルギーの原因が、動物タンパクでは無く穀物だったのかも知れません。この餌はオリジンの中でも穀物を使わないタイプなので、しばらくこれを続けてみようと思います。とても美味しそうな匂いで、喜んで食べています。

いいです!よく食べます!
オリジンキャットフード

オリジン与える前までは軟便気味でしたが、これ一本に絞ってあげるようにしたらう〇ちもよい硬さになってきました。相性もあると思いますが、オリジンに替えてから顎の下の黒いぽつぽつも全くなくなり、目やにも改善されました!それでもはっきり分かるまでは1か月かかりましたから猫の体調を見ながら気長に改善していくしかありませんね。毛並みはすぐにつやつやになりましたよ。

価格が少し高いのが気になります。
オリジンキャットフード

成分的には申し分ないのですが、猫は好き嫌いが激しいのと便がちょっと臭くなったように感じます。価格もやはり高めなので続けるにはちょっと気になります。

相性があるので・・・
オリジンキャットフード

2匹の猫を飼っています。お腹の弱い猫にと思い、与えてみました。1ヶ月ほどで兄猫だけ首の周りが禿げてしまいました。大量の抜け毛を飲み込んでしょっちゅう吐くようにもなり…。獣医さんによると、皮膚病ではないので、フードが合わない可能性があるとの診断でした。良いフードでも、相性があるみたいです。

 

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフードをおすすめする方
  • 高タンパク質で高級食材を豊富に使用しているキャットフードをお探しの方
  • 無添加で安全なキャットフードをお探しの方
  • 価格を気にせず与え続けることが出来る方
  • 子猫の頃からしっかりと栄養を吸収できるキャットフードをお探しの方

 

オリジン(キャット&キトゥン)キャットフードをおすすめしない方
  • とにかく安いキャットフードをお探しの方
  • 低タンパク質食を獣医師に進められている方

 

オリジンキャットフード

 

このページを読まれた方は下記のページも読まれています

 

キャットフードランキング

 

危険な成分について

 

キャットフードの選び方 目次

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー

関連ページ

モグニャン
モグニャンキャットフードは食べないなど口コミでも賛否両論となっています。実際に試してみたモグニャンキャットフードを徹底的に分析してみました。モグニャンはどんな原材料成分を使っているのか?みんなの口コミ評判はどうなのか?など徹底的に分析して評価してみました!
カナガン
カナガンキャットフードの成分や試してみた口コミや評判などを調べてみました。カナガンキャットフードは子猫から老猫まで対応しているのですが全年齢対応って本当に安全なのか?原材料成分は安心できる?などもしっかりと分析して評価してみようと思いますのでご参考になれば幸いです。
ねこはぐ
ねこはぐキャットフードという無添加はもちろん国産原材料を使った安心安全な国内で生産されているキャットフードを徹底解析してみました。ねこはぐの口コミ評判はどうなのかもしっかりと分析しています。ねこはぐの購入を検討している方のご参考になれば幸いです。
ファインペッツ
ファインペッツのキャットフードを徹底的に分析してみました!尿路結石対策でも人気のあるファインペッツなのですが、実際のところはどうなのかを成分や原材料を徹底解析してみました。
シンプリー
シンプリーのキャットフードを徹底的に分析してみました。グレインフリーにレシピが変更になったシンプリーはどんな原材料成分を使っているのか?みんなの口コミ評判はどうなのか?も分析して評価してみようと思います。
アカナ
アカナのキャットフードのラインナップは全3種類なので、ローテーションで与えれば、なかなか飽きないはずです。 アカナのキャットフードは、鶏肉ベースの「ワイルドプレイリー」と、魚肉ベースの「パシフィカ」、ラム肉ベースの「グラスランド」がありますが、いずれも穀物不使用(グレインフリー)となっています。そこでアカナのキャットフード成分や原材料を徹底解析してみました。
ジャガー
ジャガーのキャットフードを徹底的に分析してみました。グレインフリーで肉原材料を80%以上も豊富に使っている高タンパク質のキャットフードがジャガーなのですが、どんな原材料成分を使っているのか?みんなの口コミ評判はどうなのか?も分析して評価してみようと思います。