ティンバーウルフキャットフード|原材料成分や口コミ評判を徹底解析!

ティンバーウルフ

ティンバーウルフのキャットフードは全ての猫や全年齢対応となっています。そして猫本来の食事を再現しつつ健康の為に必要な成分をしっかりと使っていて評価の高いキャットフードとなっています。

 

犬よりも短い消化管を持っている猫に必要なことは消化吸収を速やかに行えるようにしてあげることが大切なのですが、実際のティンバーウルフはどう評価されているのかなど、原材料や成分・口コミ評判から徹底的に分析してみました。

 

TAMA

 

ティンバーウルフのキャットフード詳細

販売会社 株式会社フロントベル
製品名 セレンゲッティ・レジェンド(全1種類)
年齢対応 オールライフステージ
こだわり 野生猫の自然界における食事を研究を徹底的に行い、その食事により近づける努力を惜しまない
販売価格/容量 3.024円(税込)/1.36kg
製造国 アメリカ
お得な定期コース なし
返品・交換 お客様の都合による返品は不可/返品相談は購入店舗での対応

 

ティンバーウルフキャットフードの原材料成分

ティンバーウルフ

チキン、ニシン、噴霧乾燥チキンレバー、グリーンピース、ヒヨコ豆、鶏脂肪、サーモン、サツマイモ、亜麻仁、噴霧乾燥チキン、乾燥有機海藻、乾燥出芽酵母、サーディンオイル、乾燥アルファルファミール、タマゴ、ニンジン、ブルーベリー、クランベリー、乾燥セロリ、乾燥ビーツ、乾燥パセリ、乾燥クレソン、乾燥ホウレン草、乾燥トマト、カゼイン、乾燥ミルク、レシチン、塩化コリン、ミネラル[アミノ酸亜鉛複合体、アミノ酸鉄複合体、アミノ酸マンガン複合体、パントテン酸カルシウム、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム]、ビタミン[ビタミンE サプリメント、ビタミンB12 サプリメント、ビタミンA アセテート、ナイアシン(ビタミンB3源)、ビタミンD3 サプリメント、リボフラビン(ビタミンB2 源)、葉酸、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6 源)、塩酸チアミン(ビタミンB1源)、ビオチン(ビタミンB7 源)、クエン酸(ビタミンC 源)、混合トコフェロール(ビタミンE 源と酸化防止剤)]、プレバイオティクス[チコリー根(イヌリン)]、プロバイオティクス[乾燥ラクトバシラスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥ラクトバシラスカゼイ菌発酵生成物、乾燥ラクトバシラス乳酸菌発酵生成物、乾燥バシラスサブチルス菌発酵生成物]、パパイン、ユッカシジゲラ抽出物、βカロチン、フラクトオリゴ糖、タウリン、L−カルニチン、DL-メチオニン、ローズマリー抽出物(酸化防止剤)

ティンバーウルフのキャットフード成分一覧
粗タンパク質: 36%以上
粗脂肪: 18%以上
粗繊維質: 2.5%以下
粗灰分: 8%以下
水分: 9%以下
カルシウム: 1.4%、リン: 1.1%
銅: 16mg/kg
ビタミンA: 22,000IU/kg
ビタミンD: 1,200IU/kg
ビタミンE: 350IU/kg
オメガ6脂肪酸: 3.4%
オメガ3脂肪酸: 1.2%
カロリー: 398kcal/100g

 

ティンバーウルフの危険度をチェックしました

下記の項目ではキャットフードに入っていたら危険な添加物と食材が使われていないかを一覧にしてみました。穀物や添加物は長期に渡って食べ続けると消化器官やアレルギーへのリスクが高くなったり発がん性や遺伝性の病気の確立が高くなることがありますのでチェックしてみてください。

 

穀物(アレルギーや消化器官のリスクあり)

なし

副産物(人間が食べない肉など)

なし

4Dミートやミール

なし

BHA・BHT(発がん性が強い)

なし

エトキシキン(毒性が非常に強い)

なし

人口香料(発がん性が強い)

なし

ビートパルプ

なし

着色料(甲状腺・食欲低下など)

なし

 

ティンバーウルフキャットフードの原材料成分・添加物などの危険度をチェックしたまとめ

ティンバーウルフ

 

ティンバーウルフのセレンゲッティ・レジェンドは動物性タンパク質が豊富なグレインフリーキャットフードでトップクラスのキャットフードだということが分かりました。

 

配合されている主な成分は動物性タンパク源や、野菜、果物、ハーブ、必須脂肪酸、必須ビタミンやミネラル、抗酸化物質などです。また、アレルギーにも対応しています。フードによっては食物アレルギーや皮膚トラブルを引き起こしかねません。

 

ティンバーウルフは不飽和脂肪酸という魚に含まれる脂質が配合されています。これにはオメガ3必須脂肪酸が含まれており、この成分は皮膚の炎症を抑える効果があります。また、プレバイオティクスとプロバイオティクスも配合されています。これは消化吸収を助ける働きをし、整腸や抗アレルギー作用、免疫機能などを強化します。

 

動物副産物や、増量剤、ホルモン調整剤、抗生物質などの添加物は使用していません。アレルギーの原因となるトウモロコシ、小麦、大豆などの穀類を使用していません。

 

次の項目ではティンバーウルフ(セレンゲッティ・レジェンド)キャットフードの口コミ評判を分析してみようと思います。

 

ティンバーウルフキャットフードの口コミ評判

口コミ評判をyahoo知恵袋や公式サイトの口コミ、Amazonの評価などを調べてみましたのでご紹介します。

食べるとすぐに水を飲む。。

よく食べるが、食べるとすぐに水を飲む。最初は特に問題がなかったが、便が緩くなり、一日に二回もする。さらに、五分おきぐらいにオシッコをするようになった。また、痒いのかあちらこちらにひっかき傷ができた。残念ながら、我が家の猫には合わなかった。このような状態でも、ペットフードは返品できないそうだ。メーカーに直接問い合わせるしかないのだろうが、他に購入された方は大丈夫だったのか知りたい。(Amazonより)

メインのキャットフード!

フェレットにもう二年以上あげてます。今回切らせたら他のブレンドご飯も食べないので急いで購入せねば。半分くらいの量でリパックしてもらえるともっと使い易いのですがね。
困りました。。

カレーっぽい香り

バリバリとおいしそうに食べてくれます。うちの猫は大好物のようです。

グレインフリーのキャットフードって・・・

愛猫の健康にとグレインフリーで高タンパク質のキャットフードを探しては与えているのですが、今回のティンバーウルフも食べませんでした。グレインフリーに変えてからは食欲が落ちているような気がするのは私だけ?また、違うグレインフリーキャットフードを探してみます。

 

TAMA

 

キャットフードを目的別で探す

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー