GO!(ゴー)キャットフード|原材料成分や口コミ評判を徹底解析!

おすすめキャットフード

 

GO!(ゴー)キャットフード|原材料成分や口コミ評判を徹底解析!

ナウフレッシュキャットフード

最近では、ペット可能なマンションが増えており、一人暮らしの人でも猫を飼っている人が少なくありません。しかも室内飼いで一緒に過ごす時間が長いので、より強い愛着が湧くものです。そんな風に大切なペットであるからこそ、健康に気を付けて元気に長生きして欲しいと望む人が多かったりします。

 

ナウフレッシュのキャットフードを販売しているグローバル ペット ニュートリションにはGo!(ゴー)のプレミアムキャットフードを取り扱っています。

 

ナウフレッシュの一番の特徴と言えば原材料の新鮮さを徹底的に追求し愛猫に安心して与えることができるキャットフードで有名ですね!お腹にもやさしく、涙やけやアレルギーにも配慮されているというナウフレッシュを原材料や成分値から徹底的に分析してみましたのでご参考になれば幸いです!

 

TAMA

 

ナウフレッシュのキャットフード詳細

販売会社 グローバル ペット ニュートリション株式会社
製品名 グレインフリー キトン

グレインフリー アダルトキャット
グレインフリー シニアキャット&ウェイトマネジメント
グレインフリー フィッシュアダルトキャット
(全4種類)

年齢対応 子猫・成猫・高齢猫
こだわり 新鮮な肉類・野菜・フルーツにこだわりのあるメーカー
販売価格/容量 5616〜5832円(税込)/1.81kg
製造国 カナダ
お得な定期コース なし
返品・交換 お客様の都合による返品は不可/返品相談は購入店舗での対応

 

ナウフレッシュ(キトン)キャットフードの原材料成分

ナウフレッシュキャットフード

ナウフレッシュ(キトン)のキャットフード原材料一覧
ターキー(生・骨抜き・七面鳥)  ポテト粉  エンドウ豆  ポテト  鶏卵(乾燥・全卵)  キャノラ 油(ミックストコフェロールで酸化防止)  エンドウ豆繊維  トマト  天然香料(チキン由来)  フ ラックスシード  ココナツ油(ミックストコフェロールで酸化防止)  サーモン(生・骨抜き・鮭)  ダ ック(生・骨抜き・鴨)  ニンジン  カボチャ  リンゴ  バナナ  ブルーベリー  クランベリー  ブラックベリー  パパイヤ  パインアップル  グレープフルーツ  レンズ豆  ブロッコリー  ホ ウレン草  カッテージチーズ  アルファルファスプラウト  リン酸カルシウム  アルファルファ(天 日干し)  ケルプ(乾燥)  炭酸カルシウム  リン酸  塩化ナトリウム  レシチン  塩化カリウ ム  DLメチオニン  タウリン  シーウィードミール(乾燥・海藻)  ビタミン類[ビタミンEサプリメ ント  Lアスコルビル2ポリフォスフェイト(ビタミンC源)  ナイアシン  イノシトール  ビタミンAサ プリメント  硝酸チアミン  dパントテン酸カルシウム  塩酸ピリドキシン  リボフラビン  βカ ロテン  ビタミンD3サプリメント  葉酸  ビオチン  ビタミンB12サプリメント]  ミネラル類[タン パク質キレート亜鉛  硫酸鉄  酸化亜鉛  タンパク質キレート鉄  硫酸銅  タンパク質キレ ート銅  タンパク質キレートマンガン  酸化マンガン  ヨウ素酸カルシウム  亜セレン酸ナトリ ウム]  Lリジン  チコリ根(乾燥)  ラクトバチルス・アシドフィルス(アシドフィルス菌)発酵生成物 エンテロコッカス・フェシウム(フェシウム菌)発酵生成物  アスペルギルス・ニガー(黒麹菌)発酵生 成物  アスペルギルス・オリザエ(麹菌)発酵生成物  イースト抽出物  ユッカシジゲラ抽出物  Lカルニチン  マリーゴールド  ローズマリー(乾燥)

ナウフレッシュ(キトン)のキャットフード成分一覧
タンパク質33%以上
脂質20%以上
粗繊維2.5%以下
灰分6%以下
水分10%以下
マグネシウム0.09%以下
タウリン2500mg/kg以上
DHA0.03%以上
EPA0.02%以上
オメガ6脂肪酸2.4%以上
オメガ3脂肪酸0.48%以上
プロバイオティクス 90,000,000 CFU/lb 以上
(アシドフィルス菌、フェシウム菌)
■代謝エネルギー 3,947kcal/kg

 

ナウフレッシュキャットフードの危険度をチェックしました

下記の項目ではキャットフードに入っていたら危険な添加物と食材が使われていないかを一覧にしてみました。穀物や添加物は長期に渡って食べ続けると消化器官やアレルギーへのリスクが高くなったり発がん性や遺伝性の病気の確立が高くなることがありますのでチェックしてみてください。

 

穀物(アレルギーや消化器官のリスクあり)

なし

副産物(人間が食べない肉など)

なし

4Dミート(狂犬病やガンになった動物の肉)

なし

BHA・BHT(発がん性が強い)

なし

エトキシキン(毒性が非常に強い)

なし

人口香料(発がん性が強い)

なし

着色料(甲状腺・食欲低下など)

なし

 

ナウフレッシュ(キトン)キャットフードの原材料成分・添加物などの危険度をチェックしたまとめ

ナウフレッシュキャットフード

 

ナウフレッシュ(キトン)キャットフードの原材料や成分を分析してきましたが、猫が消化し難い穀物を一切使用していなかったり、アレルギー反応が出易い食材もきちんと避けてたので安全なキャットフードだという事がわかりました!

 

ナウフレッシュのキャットフードは、腸の働きも良くする効果も期待出来ます。というのも人間と同様に、猫の健康も腸の働きの良し悪しに掛かっている部分が大きいです。そしてナウフレッシュのキャットフードは、ドライフードでありながら、消化酵素を加える事で、胃腸の健康状態をサポートする効果を得る事が出来ます。お陰でナウフレッシュのキャットフードであれば、猫の胃腸の健康をサポートするためのサプリメント等を使用する必要が少ないですね。

 

ただ1.81kgで5616〜5832円(税込)という価格設定なので少しコスパが高いところはデメリットとなってしまいます。そしてナウフレッシュのような新鮮さを売りにしているプレミアムキャットフード全てに言えますが、開封後は出来るだけ早く食べる必要がある事です。しかも品質を損なわない様に、保存場所にも出来るだけ注意する必要があります。

 

ナウフレッシュキャットフード全4種類の特徴

種類

こだわり

ナウフレッシュキャットフード

キトン

ターキー(生・骨抜き・七面鳥)・グレインフリー・1歳までの子猫用・去勢・避妊手術済みで体重が気になる場合は成猫用へ切り替えてあげましょう!

ナウフレッシュキャットフード

アダルト

七面鳥主体の成猫用・主原料に新鮮な七面鳥を使用し消化酵素や善玉菌も配合しています。

ナウフレッシュキャットフード

シニア&ウェイトマネジメント

高齢猫用やダイエット用にタンパク質を抑えたキャットフード。健康を維持する上で大切なタンパク源は適度に配合され低脂肪に仕上げた低カロリーキャットフード

ナウフレッシュキャットフード

フィッシュアダルト

鶏、豚、牛などの肉類を使用していない魚主体のキャットフード。魚好きの子やチキンなどでアレルギーが出てしまう子におすすめ

 

 

TAMA

 

ナウフレッシュキャットフードの口コミ評判

口コミ評判をyahoo知恵袋や公式サイトの口コミ、Amazonの評価などを調べてみましたのでご紹介します。

腸が敏感な愛猫に購入しました
愛猫のお通じが緩い時に与えたら良くなりました。カロリーはオリジンなどのキャットフードよりも低くく、グレインフリーの餌を探していた時に見つけました。高タンパクだけど下痢にもなりにくいので腸が弱い子にもおすすめです。ただ購入金額が半端なく高いです。。。カナダはもちろんアメリカ、ドイツなどヨーロッパ、韓国の販売価格よりも2千円ほどの差額がありました。。価格だけもう少し頑張ってもらいたいです。。。
うちの子には合いませんでした・・・
キャットフードのドライタイプで便秘するのは初めてでした。食いつきは非常に良いのですが・・・便秘体質な子には合わないのかもしれません。
ちょっと高いですね。
愛猫の健康にはすごく良さそうです。また食いつきも問題ありませんでした!ただ・・・ちょっと高いかなぁ。
小粒で食べやすそうです!
今まで与えていたキャットフードだと吐いてしまうことがあったのですが、ナウフレッシュにしてからは吐くこともなくなりました。また、小粒で食べやすいみたいです!

 

ナウフレッシュキャットフードをおすすめする方
  • 適度なタンパク質で野菜やフルーツも豊富に使用しているキャットフードをお探しの方
  • 価格を気にせず与え続けることが出来る方
  • お腹にやさしく、涙やけやアレルギー対策にも期待している方

 

ナウフレッシュキャットフードをおすすめしない方
  • とにかく安いキャットフードをお探しの方
  • 便秘体質な愛猫ちゃんの場合

 

TAMA

 

最新キャットフードランキング

 

危険な成分について

 

キャットフードの選び方 目次

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー

関連ページ

ピュリナワン
猫を飼っている方なら一度は聞いた事のあるキャットフードピュリナワン。このピュリナワンはコーヒーでおなじみのネスレが出している商品で、猫に関する本や雑誌などでもよく取り上げられています。実際のところキャットフードとしてのネスレの口コミ評判などを分析してみようと思います。
go!ゴー
ゴー(go)のキャットフードのコンセプトは、病気に負けない健康な体を保つための機能性食品が豊富なキャットフード、ダイエットに適した高タンパク低炭水化物のレシピのキャットフード、食物過敏症や特定の食材しか食べられない猫のためのレシピがあります。そんなゴーのキャットフード成分や原材料を徹底解析してみました。
オソピュア アーテミス
世界中で愛用されているアーテミスのオソピュアは非常に厳選された新鮮な原材料で構成されているのが特徴です。サーモンをメインにしつつも、豆類や果物などがバランス良く配合されています。アーテミスオソピュアの原材料や成分などを徹底的に分析してみました。
フレッシュミックス アーテミス
アメリカのアーテミスによって作られている、人間が食べるものと同等のものを使って作られていると謳われているプレミアムフードのキャットフード「フレッシュミックス」のメリットデメリットなどを分析してみようと思います。
ジウィピーク
ジウィピークのキャットフードの良い悪いについては、原材料や成分を徹底的に分析することによって分かってくると思うので徹底的に分析してみました。ジウィピークのキャットフードの原材料は100%天然の新鮮な生肉を使用しているため、安全性は極めて高いですが、価格面はどうなのかもしっかりとチェックしたいと思います。
ナチュラルチョイス
猫向けのキャットフードにも様々なものがありますが、ナチュラルチョイスはペットの健康が第一主義をモットーにして商品づくりをしています。1924年にカリフォルニアで創業されたニュートロという会社が販売しているキャットフードで、1990年には世界第三位のフードメーカーになり、日本でもナチュラルチョイスが販売されるようになりました。そこでナチュラルチョイスのキャットフードを徹底解析してみようと思います。
ナチュラルバランス
最近のキャットフードには魚主体の物も増えてきていますが、ナチュラルバランスでは魚を使用すると過剰な塩分摂取となり、尿道等の疾患を起こす可能性があると考えているため、猫本来の健康維持のために原材料は肉類をベースに配合しているとの事なのですが、実際のところはどうなのかを徹底的に分析してみました。
ソリッドゴールド
ソリッドゴールドは、穀物が全く使用されておらず、品質が高い鶏肉や魚を主原料として製造されている猫専用のプレミアムフードです。そして、このキャットフードは、グレインフリーだけではなく、人工添加物や合成着色料、防腐剤、そして塩や砂糖などの調味料が使用されていません。そんなソリッドゴールドの原材料や口コミ評判などを徹底的に分析してみました。
ティンバーウルフ
ティンバーウルフのキャットフードは犬猫にとって本当に良い食事を常に考えたキャットフードを目指しています。ここではティンバーウルフの原材料成分値や口コミ評判を分析してみました。
ロータス
ロータスのキャットフードは、獣医さんも推薦しているヒューマングレードキャットフードです。ここではロータスキャットフードの原材料成分値や口コミ評判を分析してみました。
FORZA10
FORZA10のキャットフードとは、イタリアの猫用オーガニックフードで、安心安全をうたい、猫の健康のために考えられたキャットフードで有名です。価格が高いと言われていますが、産地や原材料や成分が安心できるものであれば適正価格とは思いますが、徹底的に分析してみようと思います。
カルカン
かわいい猫のCMでもお馴染みのカルカン(kalkan)キャットフード。そんなカルカンのキャットフードは本当に安心で安全なキャットフードなのかを徹底解析してみましたのでご参考になれば幸いです。
JPスタイル
JPスタイルはその名前からも分かる通り、全てを国産にこだわった日本製のキャットフードです。日本製ならどんなキャットフードでも良いかというとそうではなく原材料に何を使用しているのかが大事なってきますので口コミ評判なども考慮して徹底解析して見ました。
フリスキー
フリスキーとは、ネスレピュリナペットケアが販売するキャットフードブランドです。キャットフードとしては比較的安価な部類に含まれます。フリスキーのキャットフードの口コミ評判や原材料成分から徹底解析してみました。
コンボ
コンボのキャットフードでまず特筆すべきは、味や目的別、年齢別などの種類が豊富な点ですが、実際のところどのような原材料を使用しキャットフードとしての安全性、猫の健康を考えているキャットフードなのかを分析してみました。
シーバ
シーバのキャットフードといえば、外はカリカリ、中はクリーミーという宣伝文句で、CMなどのメディアではいかにも高級感あふれる映像が流れます。果たしてシーバは安心安全なキャットフードなのかを調べてみましたのでご参考になれば幸いです。
アイムス
コンボのキャットフードでまず特筆すべきは、味や目的別、年齢別などの種類が豊富な点ですが、実際のところどのような原材料を使用しキャットフードとしての安全性、猫の健康を考えているキャットフードなのかを分析してみました。
プロプラン
ネスレは、ピュリナプロプラン以外にもピュリナワンなどの人気キャットフードを取り扱っている事でも有名です。そこで、プロプランの口コミ評判や原材料成分からおすすめできるのかを評価した結果をご紹介しています。