シンプリーキャットフード|原材料成分や口コミ評判を徹底解析!

シンプリーキャットフード

シンプリーのキャットフードは安心して愛猫に食べさすことが出来るかを原材料や成分からしっかりと調べてみました。

 

シンプリーキャットフードはカナガンモグニャンでもお馴染みのレティシアンが販売しているイギリスのプレミアムキャットフードで知っている方も多いと思います。ただシンプリーの口コミ評判を見てみると悪い口コミもチラホラありました。原材料はもちろんの事、口コミ評判もしっかりと分析してみようと思います。

 

グレインフリーにレシピを変更して評判が良くなってきたシンプリーのキャットフードは実際のところ安心して愛猫に与えることができるのかをしっかりと調べてみました!

 

シンプリーキャットフード

 

モグニャン詳細

販売会社 株式会社 レティシアン
製品名 シンプリー キャットフード
年齢対応 成猫〜シニア猫まで対応
こだわり 尿路結石、関節炎、毛球症などに配慮した配合
販売価格/容量 3960円(税抜)/1.5kg
賞味期限 常温未開封で製造日より18か月
製造国 イギリス
製造工場の信頼度 安心/国際規格SAI GLOBALランクA取得工場
購入方法 公式サイト、Amazon
お得な定期コース あり(シバリ3回のお届け)
返品・交換 お客様の都合による返品は不可/公式サイトにお客様お問い合わせ窓口あり

 

シンプリーの原材料成分

シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフード原材料一覧
骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク
※気になる原材料は赤文字で記載しています。

シンプリーキャットフード成分一覧
粗タンパク質37.00%、脂質20.0%、粗灰分9.50%、粗繊維1.50%、水分7%、オメガ6脂肪酸1.33%、オメガ3脂肪酸3.89%、リン1.32%、マグネシウム0.13%、カルシウム1.89%、カリウム0.59% エネルギー(100gあたり)/約380kcal

 

シンプリーの危険度をチェックしました

下記の項目ではキャットフードに入っていたら危険な添加物と食材が使われていないかを一覧にしてみました。穀物や添加物は長期に渡って食べ続けると消化器官やアレルギーへのリスクが高くなったり発がん性や遺伝性の病気の確立が高くなることがありますのでチェックしてみてください。

 

穀物(アレルギーや消化器官のリスクあり)

なし

副産物(人間が食べない肉など)

なし

4Dミート(狂犬病やガンになった動物の肉)

なし

BHA・BHT(発がん性が強い)

なし

エトキシキン(毒性が非常に強い)

なし

人口香料(発がん性が強い)

なし

着色料(甲状腺・食欲低下など)

なし

 

シンプリーの原材料成分・添加物などの危険度をチェックしたまとめ

シンプリーキャットフード

 

ここまでシンプリーキャットフードの原材料や成分の危険度をチェックしてきましたが安心してどんな種類の子にも食べさせても安心なプレミアムキャットフードという事がわかりました!

 

シンプリーの原材料はヒューマングレードの食材を使用しているので愛猫に安心して食べさすことができます。シンプリーは成猫からシニア猫の健康維持を考えたキャットフードでカロリーは少し控えめで子猫にはヘルシーすぎる印象ですね。成猫から20歳くらいまでの愛猫に安心して続けることができるキャットフードで、尿路結石や関節炎、毛球症などの対策としてもおすすめの配合です。そして2016年9月にグレインフリーキャットフードにレシピを変更しさらに与えやすくなりました。

 

シンプリーはグレインフリーで穀物の代わりに消化の良いサツマイモを使用していて腹持ちも良いのでダイエットさせるにも良いかもしれませんね^^添加物も危険なものは一切使用しない徹底ぶりで酸化防止剤にも天然由来成分を使っているので長く食べ続けても病気のリスクは少ないキャットフードだと思いました。

 

愛猫の健康維持や病気対策にもうれしいキャットフードで一度試してみてもいいかもしれませんね^^

 

このページを読まれた方は下記のページも読まれています

 

シンプリーキャットフードの口コミ評判

シンプリーキャットフードの口コミ評判をyahoo知恵袋や公式サイトの口コミ、Amazonの評価などを調べてみましたのでご紹介します。

うちの猫を救うかも
シンプリーキャットフード

18歳のうちの猫は食事量が減りかなり痩せ、歩くことすらままならなくなってしまい、点滴もするようになりました。痩せて行っている中で、色々ウェットフード中心に餌探しをしていましたが、試しにシンプリーを買ってみたところ自ら進んで食べてくれたのがこのドライフードでした。カナガンと迷いましたが、シンプリーの方が高齢向きだと思い選びました。もっとたくさん食べて体重が少しでも戻ってくれることに期待しています。

食いつきが良い
シンプリーキャットフード

我が家は公式サイトで購入しています。以前はピュリナワンでシンプリーに切り替えたら、驚くぐらいの食いつきで、とても美味しそうに食べてくれます。シンプリーを与えていますが毛艶も良いですのでこれからもリピする予定です。

ネットの評判はあてにならない?
シンプリーキャットフード

ストレスから酷い便秘になってしまい、ピュリナワンに切り替えたのですがコレもダメだったようでまた詰まってしまいました。獣医師からはロイヤルカナンを進められたんですが、添加物と韓国工場移転が気になり断念。ネットで大評判のシンプリーを試してみました。シニア猫におすすめで便秘解消に役立つと聞いていたので期待していたんですが最初だけしか食べませんでした。パッケージも可愛いし、原材料や成分も申し分なかったのに残念でした・・・

最初だけでした
シンプリーキャットフード

与えて2・3日だけは食べてくれました。それ以降はカナガンを頂戴とうるさく根負けしました。6匹中、5匹のみでしたが・・・我が家の子達には悲しいけどサーモンオイルがダメなのかも・・・・良いフードだと思うのですが・・・臭いはタラの珍味のような臭いがしました。。

我が家の猫には合わなかった
シンプリーキャットフード

開封した時の香りはフィッシュオイルっぽい・・・サーモン!という感じで良い香りだと思いました。食いつきは悪くなかったですが、うちの愛猫には合わなかったのかお腹が緩くなったので断念。合う子にはとっても合うんでしょうけど残念です。

 

シンプリーキャットフード

 

シンプリーキャットフードの最安値通販は?

  公式サイト Amazon
サイト画像 シンプリーキャットフード カナガンキャットフード
都度購入 3980円(税抜) 4730円(税込)
送料 420円(税抜) 無料
合計金額 4730円(税込) 4730円(税込)

 

シンプリーの最安値通販を調べてみましたが、販売先は公式サイトとAmazonの2つの方法しかありませんでした。そして上記のようにどちらで購入しても価格は一緒になります。よく公式サイトの方がお得に購入できると比較サイトなどで書かれていたりするのですが、実際は同じなのです。

 

ただ、この2つの違いがあるのか調べていると・・・公式サイトで購入すると安くなる方法がありましたのでご紹介しますね^^

 

Amazonでシンプリーを購入するには都度購入の1種類しかありません。なので2袋購入しても4730円×2=9460円にしかならないのですが、公式サイトで5000円(税抜)以上購入すると送料が無料になるので3960円×2=7920円+消費税で8554円とかなり安く購入できます。

 

ただ2個も必要ないという方に損せずお得に購入出来る方法がありましたのでご紹介していきます。

 

シンプリーキャットフードの安く購入する方法ってある?

さらに安く購入する方法としては定期コースで申し込みすれば最低10%〜最大20%まで安く購入できます。ただ定期コースでは3回のお届けが最低限の約束となりますので愛猫が万が一食べないっていうこともあるのでリスクもあります。

 

そこで都度購入で申込すると・・・「キャンセルが自由な次回購入の仮予約」という案内があり、最初から10%オフの3564円(税抜)で購入することができます。

 

定期コースのシバリがないので初めてシンプリーキャットフードを購入する場合は「公式サイトの都度購入」で購入するとリスクなく試してみることができるので私的にはこちらがおすすめだと思います^^

 

シンプリーキャットフードをおすすめする方
  • サーモンメインの動物性タンパク質が豊富なキャットフードをお探しの方
  • 続けやすいコスパで良質なキャットフードをお探しの方
  • グレインフリー・無添加のキャットフードをお探しの方
  • アレルギー対策も出来て健康第一で考えれているキャットフードをお探しの方
  • 成猫〜シニア猫でしっかりとしたキャットフードをお探しの方

 

シンプリーキャットフードをおすすめしない方
  • とにかく安いキャットフードをお探しの方
  • 愛猫がサーモンが苦手でサーモン以外のキャットフードをお探しの方
  • 愛猫が子猫でまだ成猫になっていない場合

 

シンプリーキャットフード

 

このページを読まれた方は下記のページも読まれています

 

キャットフードランキング

 

危険な成分について

 

キャットフードの選び方 目次

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー

関連ページ

モグニャン
モグニャンキャットフードは食べないなど口コミでも賛否両論となっています。実際に試してみたモグニャンキャットフードを徹底的に分析してみました。モグニャンはどんな原材料成分を使っているのか?みんなの口コミ評判はどうなのか?など徹底的に分析して評価してみました!
カナガン
カナガンキャットフードの成分や試してみた口コミや評判などを調べてみました。カナガンキャットフードは子猫から老猫まで対応しているのですが全年齢対応って本当に安全なのか?原材料成分は安心できる?などもしっかりと分析して評価してみようと思いますのでご参考になれば幸いです。
ねこはぐ
ねこはぐキャットフードという無添加はもちろん国産原材料を使った安心安全な国内で生産されているキャットフードを徹底解析してみました。ねこはぐの口コミ評判はどうなのかもしっかりと分析しています。ねこはぐの購入を検討している方のご参考になれば幸いです。
ファインペッツ
ファインペッツのキャットフードを徹底的に分析してみました!尿路結石対策でも人気のあるファインペッツなのですが、実際のところはどうなのかを成分や原材料を徹底解析してみました。
アカナ
アカナのキャットフードのラインナップは全3種類なので、ローテーションで与えれば、なかなか飽きないはずです。 アカナのキャットフードは、鶏肉ベースの「ワイルドプレイリー」と、魚肉ベースの「パシフィカ」、ラム肉ベースの「グラスランド」がありますが、いずれも穀物不使用(グレインフリー)となっています。そこでアカナのキャットフード成分や原材料を徹底解析してみました。
ジャガー
ジャガーのキャットフードを徹底的に分析してみました。グレインフリーで肉原材料を80%以上も豊富に使っている高タンパク質のキャットフードがジャガーなのですが、どんな原材料成分を使っているのか?みんなの口コミ評判はどうなのか?も分析して評価してみようと思います。
オリジン
オリジンのキャットフードを徹底的に分析してみました!良質な原材料や猫の健康を第一に考えているオリジンなのですが、実際のところはどうなのかを成分や原材料を徹底解析してみました。