食物アレルギーにおすすめのキャットフードを徹底解析しました

低アレルギーキャットフード

 

毎日食べているキャットフードによって、食物アレルギーになってしまう猫も多いのですが、愛猫がアレルギーになりにくいキャットフードの選び方を徹底的に分析してみましたのでご参考になれば幸いです。

 

食物アレルギーで起こる症状は、かゆみや湿疹などの皮膚炎・下痢・嘔吐・毛の抜ける量が増えた・ひっかけ傷などがあります。キャットフードを変えてあげるだけでアレルギーが改善したということもありますので食物でアレルギーになったという方は一度キャットフードを見直してあげるといいかもしれませんね^^

 

アレルギー対策でキャットフードを選ぶ3つのポイント

動物性タンパク質の肉類を変えてみる

低アレルギーキャットフード
キャットフードに含まれている肉原材料がアレルゲンとなっている場合があります。チキンや牛肉メインのキャットフードを与えてアレルギー症状が出てしまったら魚やラム肉メインのキャットフードに切り替えてみましょう。

 

モグニャンなどの魚メインのキャットフードでサーモンやサーモンオイルを使用しているオメガ3必須脂肪酸の含むキャットフードも低アレルギーなのでおすすめです。

 

また、アレルギーではない愛猫の場合も常に同じキャットフードだとアレルギーになってしまう場合があります。キャットフードをローテーションしてあげることでアレルギーに対しての免疫力を向上する場合もあるので試してみてもいいと思いますよ。

 

穀物不使用のグレインフリーキャットフードを選ぶ

低アレルギーキャットフード
猫のアレルギー発症で多いのが穀物の過剰摂取と言われています。キャットフードの原材料にトウモロコシや小麦を多く含んでいるものは穀物アレルギーになりやすいので、出来るだけ穀物が少ないキャットフードやグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選んであげることをおすすめします。

 

動物性タンパク質が豊富で無添加なキャットフードを選ぶ

低アレルギーキャットフード
キャットフードの原材料に「ミール」「肉副産物」といったものは動物の羽や足、毛皮、ヒヅメなど消化の悪い部位が含まれています。また、粗悪な肉には添加物がいっぱい入っているので愛猫の体に害がありますので良質な肉原材料を使用しているキャットフードを選びましょう。

 

消化が悪いという事はアレルギー症状を起こしやすくなりますので良質な肉原材料を使用した消化吸収が良いキャットフードがおすすめです。

 

アレルギー対策でおすすめのキャットフードをランキング

アレルギー対策でのランキング基準は?

 

このランキングでは、愛猫の食物アレルギーに対しておすすめのキャットフードを第三者目線でランキング形式でご紹介しています。

  • 良質な肉原材料を使用した動物性タンパク質が豊富なキャットフード
  • 穀物の量が少ないや穀物不使用のグレインフリーキャットフード
  • 粗悪な添加物を使用していないキャットフード

この3つの基準とさらにコスパがよく長く使いやすいキャットフードも比較基準としています。

 

キャットフード

モグニャン(mognyan)の特徴

モグニャンのキャットフードは白身魚を63%使用したグレインフリーで無添加のキャットフードでアレルギー対策としてもおすすめのキャットフードです。良質な動物性タンパク質は新鮮な白身魚を使用しているので猫に必要な栄養価が高いキャットフードとしてもおすすめです。子猫からシニア猫まで対応しているキャットフードで、モグニャン+トッピング(チキンなど)も可能なキャットフードで愛猫のアレルギー対策としてもおすすめです。

【キャットフードの教科書】限定で、モグニャンの初回購入分が半額(50%OFF)となるキャンペーンを実施して頂いています。この機会に是非、安全でおすすめできるモグニャンを試してみてくださいね!!

価格 1.5kg 初回半額1,980円
評価 評価5
備考 お試しキャンペーン中/白身魚63%使用/グレインフリー/無添加

キャットフード

シンプリーの特徴

シンプリーのキャットフードは2016年からグレインフリーにレシピを変更してからかなりおすすめのキャットフードとなりました。また、肉原材料は骨抜きサーモン31%、乾燥ニシン12%、乾燥サーモン11%、乾燥白身魚6.5%、生マス4.65%などの数種類の魚を使った魚メインのキャットフードです。グレインフリーなので消化能力が低い子猫やシニア猫にも安心して与えることができます。チキンアレルギーの猫にかなりおすすめのキャットフードです。

価格 1.5kg 3960円
評価 評価4.5
備考 サーモンニシンなど魚がメイン/グレインフリー/無添加

キャットフード

カナガンの特徴

カナガンは新鮮なチキンメインのキャットフードで、穀物アレルギーを持っている子でも安心なグレインフリーのキャットフードです。チキンメインのレシピになっていますが、市販の安価なキャットフードと比べると消化吸収率が良い新鮮なチキンを使用しているのでチキンでアレルギーが出ない子にはかなりおすすめのキャットフードです。私の場合はローテーションとしてもカナガンを使用しています^^

価格 1.5kg 3960円円
評価 評価3.5
備考 チキン60%以上使用/グレインフリー/無添加

 

キャットフード選びで迷ったらおすすめはコレ!!

キャットフードを探しているけど、どのキャットフードが良いのか分からなくなったらモグニャンのキャットフードはかなりおすすめです!!

モグニャンキャットフード商品レビュー

粗悪な添加物

穀物は使用しているか?

動物性タンパク質は豊富か?

なし

不使用(グレインフリー)

新鮮な白身魚を豊富に使用

尿路結石対策はどう?

マグネシウムは?

アレルギーや肥満対策は?

クランベリー配合

0.12%

グレインフリーで低カロリー

モグニャンキャットフード

 

おすすめキャットフード

 

危険な成分について

 

キャットフードの選び方 目次

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー

関連ページ

尿路結石対策
愛猫が尿路結石症になる前にしっかりと予防や対策をすることが大切です。尿路結石症になってしまうと慢性腎臓病になるリスクが高くなってしまうので普段の食事からしっかりと対策してあげましょう。
ダイエット肥満対策
愛猫が肥満でダイエットさせたいけどどんなキャットフードが良いのか?って悩まれている方におすすめのキャットフードは何が良いかを徹底的に分析して解析しました。肥満による糖尿病の危険もあるのでご参考になれば幸いです。
腎臓ケア対策
猫の症状で多いのが腎臓病があげられます。猫の体に大きな負担となる腎臓病は腎臓ケアができるキャットフードでしっかりと対策することが大切です。コスパが良く続けやすい腎臓ケア用におすすめのキャットフードをご紹介していますのでご参考になれば幸いです。
無添加
キャットフードの原材料や成分の中には粗悪な添加物を使用して愛猫の健康を害している物もあります。ここでは無添加キャットフードは何故良いのか?無添加キャットフードのメリットとデメリットをご紹介しています。
グレインフリー
穀物は猫にとって消化の妨げになる食材のひとつですが、安価な穀物をかさ増しの為だけに使用しているキャットフードメーカーが多いです。そんなキャットフードでもグレインフリーな物も数多く販売されるようになりましたが、グレインフリーでコスパが良く続けやすいキャットフードの選び方をご紹介しています。