無添加キャットフードの失敗しない選び方とは?

無添加キャットフード

 

市販で販売されているキャットフードやネット通販のみのキャットフードの中には粗悪な添加物を使用した愛猫の健康を害する原材料や成分を使用しているものもあります。

 

この添加物には、キャットフードの賞味期限を延ばす為だけに使用されている物や、粗悪な原材料を使用しごまかしの為に酸化防止剤として使われている添加物が病気になるリスクを高めていたりと猫には必要のない栄養素となっています。

 

また、猫の食いつきをよくする人口香料や飼い主である私たちに美味しそうに見せる着色料などの添加物も使われているキャットフードがあります・・・

 

ここ近年は粗悪な添加物を使っていないキャットフードも増えて「プレミアムキャットフード」と言われている安心安全を売りにしているキャットフードが増えてきましたがコスパが悪そうだから使いにくいという声があるのでコスパも比較してみましたのでご参考になれば幸いです。

 

無添加キャットフード 目次

無添加キャットフードランキング
キャットフードの粗悪な原材料・粗悪な添加物・コスパを比較
キャットフードに含まれることがある危険な添加物とは?

 

 

無添加キャットフードランキング

無添加キャットフードランキングでは無添加はもちろんですが、粗悪な原材料を使っていないか?続けやすいコスパか?の3つの項目を比較しておすすめのキャットフードをランキングしています。

 

モグニャンキャットフード

カナガンの特徴

カナガンは新鮮なチキンメインのキャットフードで、穀物アレルギーを持っている子でも安心なグレインフリーのキャットフードです。チキンメインのレシピになっていますが、市販の安価なキャットフードと比べると消化吸収率が良い新鮮なチキンを使用しているのでチキンでアレルギーが出ない子にはかなりおすすめのキャットフードです。私の場合はローテーションとしてもカナガンを使用しています^^

価格 1.5kg 3960円
評価 評価5
備考 無添加・グレインフリー・マグネシウム0.09%

無添加キャットフード

ジャガーの特徴

ジャガーキャットフードはタンパク質が40%と動物性タンパク質が豊富なのに低脂肪・低カロリーで意外とダイエットにもおすすめです。クランベリーやブルーベリーといった尿路結石症対策にも効果がある原材料を使っていてリンとマグネシウムの量も申し分のない適切な量でおすすめのキャットフードです^^

価格 1.5kg 4280円
評価 評価4.5
備考 無添加・グレインフリー・マグネシウム0.12%

無添加キャットフード

モグニャンの特徴

モグニャンキャットフードは白身魚を豊富に使用した動物性タンパク質源が高いキャットフードなのですが、以外と低脂肪低カロリーでダイエットや肥満対策におすすめです^^運動量が減った肥満気味の愛猫にもおすすめのキャットフードで肥満による糖尿病予防にも効果があります。さらにモグニャンはグレインフリーで無添加なキャットフードで穀物アレルギーで困っている飼い主さんやシニア猫にもうれしい成分内容よ原材料で発売されてまだ歴史は浅いですが人気急上昇です

価格 1.5kg 3960円
評価 評価4
備考 無添加・グレインフリー・マグネシウム0.12%

 

 

キャットフードの粗悪な原材料・粗悪な添加物・コスパを比較

無添加キャットフードの選び方で大切なポイントを「粗悪な原材料」「粗悪な添加物」「コスパ」で比較してみました。

 

キャットフード 粗悪な原材料 粗悪な添加物 1日のコスパ
カナガン なし なし 118円
シンプリー なし なし 118円
ジャガー なし なし 142円
モグニャン なし なし 145円
オリジン なし なし 180円
ファインペッツ なし 1種類 99円
ヤラー なし 1種類 241円
サイエンスダイエット なし 2種類 52円
アイムス なし 3種類 62円
ピュリナワン なし 4種類 36円


※コスパは4kg前後の成猫で各メーカーの給与量で計算しています。

 

上記の比較表で調べた結果では無添加・粗悪な原材料を使わずコスパの良いカナガンが意外とおすすめでした^^

 

その中でもランキングに入っているジャガーはお肉の量が80%も使用しているので人気です。また、モグニャンは白身魚をメインに使用したキャットフードで野菜やフルーツといった高級食材を多く使っているのに意外とコスパが良いこともわかりました。

 

 

キャットフードに含まれることがある危険な添加物とは?

キャットフードに含まれていることがある危険な添加物を徹底的に分析してみましたのでご参考になれば幸いです。

 

酸化防止剤として使用している危険な添加物
BHA・BHT

この添加物は油脂やバター、冷凍食品など多くの人間用食品にも使われている酸化防止剤で、BHAに関しては発がん性が認められていて禁止しようとしていましたが、欧米からの要請で使用禁止にすることが出来なかった添加物です。人間でも危険と重要視されている添加物を体の小さな愛猫に与えるとどれだけ悪影響があるのかは測りきれません。

 

下記のメーカー以外はBHA・BHTを使用しているメーカーはありませんでした。当サイトランキング上位で紹介しているキャットフードにも使用しているメーカーはありませんのでご安心ください。

BHA・BHTを使用しているメーカー

ロイヤルカナン・カルカン

 

エトキシキン

エトキシキンは酸化防止や防腐効果が非常に高く、飼料の添加物として世界中で広く使用されている添加物です。日本では毒性が非常に高く食品に直接添加されることは規制されています。

 

ただ、エトキシキンなどの危険な添加物は加工する前に使用していても表示義務がないのが現状です。エトキシキンの見分け方としては「表示ラベルのエトキシキンは使用していません」や「4Dミールを使用していないキャットフード」などを選んであげることをおすすめします。

 

私が調べたキャットフードには表示しているメーカーはありませんでした

 

無添加キャットフード

 

キャットフード選びで迷ったらおすすめはコレ!!

キャットフードを探しているけど、どのキャットフードが良いのか分からなくなったらモグニャンのキャットフードはかなりおすすめです!!

モグニャンキャットフード商品レビュー

粗悪な添加物

穀物は使用しているか?

動物性タンパク質は豊富か?

なし

不使用(グレインフリー)

新鮮な白身魚を豊富に使用

尿路結石対策はどう?

マグネシウムは?

アレルギーや肥満対策は?

クランベリー配合

0.12%

グレインフリーで低カロリー

モグニャンキャットフード

 

キャットフードを目的別で探す

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー