モグニャンキャットフードとカナガンは実際どちらがおすすめなの?

モグニャンとカナガンを比較

 

モグニャンとカナガンってどう違うのか、子猫(パピー猫)と高齢猫(シニア猫)に適しているキャットフードはどちらなのかなど徹底的に分析して比較してみましたのでご参考になれば幸いです。

 

モグニャンとカナガンはレティシアンという会社が販売しているキャットフードなのですが、カナガンは知名度も高く使用している愛猫家が多いです。モグニャンは2016年の10月に販売されて間もないですが、「ペットオーナー様の願いに寄り添うフードを作りたい」というキャッチフレーズで人気急上昇中のキャットフードです。

 

モグニャンキャットフードとカナガンを比較して実際のところどちらがおすすめなのかをご紹介します。

 

 

 

モグニャンとカナガンの基本情報を比較

モグニャンとカナガンを比較

 

まず、モグニャンとカナガンの基本的な情報や原材料成分などを比較してみようと思います。

 

モグニャン

カナガン

販売会社

モグニャンキャットフード

カナガンキャットフード

販売会社

レティシアン

レティシアン

販売価格

3960円

3960円

定期コース

あり(最大20%オフ)

あり(最大20%オフ)

容量

1.5kg

1.5kg

子猫

モグニャン

モグニャン

シニア猫

モグニャン

モグニャン

メインのお肉

白身魚63%

チキン60%以上

人口添加物

なし(無添加)

なし(無添加)

グレインフリー

タンパク質

30%

37%

脂質

16%

20%

カルシウム

0.62%

1.58%

マグネシウム

0.12%

0.09%

食物繊維

3.0%

1.5%

カロリー

100g/390kcal

100g/384kcal

 

 

カナガンとモグニャンの原材料成分値の違いとは?

次はモグニャンとカナガンの原材料と成分を徹底的に分析していこうと思います。

 

全原材料と成分

モグニャン

カナガン

原材料

白身魚(63%)、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン 乾燥チキン 35.5%、骨抜きチキン生肉 25.0%、サツマイモ、じゃがいも、鶏脂、乾燥全卵、チキングレイビー、サーモンオイル、ミネラル、ビタミンA・D・E、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、ニンジン、ほうれん草、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

成分

たんぱく質 30%

脂質 16%
繊維 3%
灰分 6%
水分 7%
オメガ6脂肪酸 2.95%
オメガ3脂肪酸 2.08%

たんぱく質 37%
脂質 20%
繊維 1.5%
灰分 8.5%
水分 9%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%


カナガンとモグニャンの原材料で大きな違いは主原料がチキン(カナガン)か白身魚(モグニャン)というのが大きな違いでした。

 

 

比較してわかったカナガンキャットフードの特徴

カナガンキャットフードはチキンを主原料にしていますが、チキンには免疫力を高めるセレンを豊富に含んでいるのが特徴です。そしてチキンメインを約60%も使用しているキャットフードで動物性タンパク質が豊富です。

 

カナガンに入っていてモグニャンに入っていない原材料はストレス軽減に効果が期待できるカモミール・免疫力を高めるマリーゴールド・ミネラル豊富な海藻などになります。

 

 

比較してわかったモグニャンキャットフードの特徴

一方モグニャンはお魚メインのキャットフードとなっていて白身魚を約63%も使用しているのでチキンが苦手な猫にはかなりうれしいレシピとなっていますね!白身魚はカルシウムやビタミン、鉄、水分などバランスよく含んでいるので、高たんぱく低脂肪で、消化吸収がよい食材で愛猫の健康維持におすすめです。

 

モグニャンに入っていてカナガンに入っていない原材料は利尿効果のあるバナナ・ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富なひよこ豆などになります。

 

 

モグニャンとカナガンのカロリーを比較した特徴

モグニャンとカナガンのキャットフードのカロリーを比較した結果どちらがおすすめなのかを分析してみました。

  モグニャン カナガン
カロリー 100g/374kcal 100g/390kcal


上の表を見てもらうと、モグニャンキャットフードの方がカロリーが少ないのでダイエットにも良いという印象です!

 

体重3kgの成猫に対する1日の給与量を比較してみると、

 

モグニャンの給与量は50g前後で1日のカロリーが約187kcal
カナガンの給与量は40g前後で1日のカロリーが約156kcal

 

なんと1日の給与量の違いからモグニャンキャットフードの方がカロリーが高いことがわかりました。

 

どちらのキャットフードも1日のカロリーは標準的ですが、モグニャンキャットフードの方を与えすぎると太らせる原因になりそうですね!老猫になれば食べる量も減ってくるのでエネルギーを吸収する上ではモグニャンの方がおすすめになってきます!

 

成猫の場合でダイエットを考えている場合はカナガンキャットフードの方が太りにくいという事にもなります。

 

 

モグニャンとカナガンの給与量とコスパを比較

カナガンとモグニャンを比較

 

モグニャン成猫

カナガン成猫

成猫 2.5kg未満

35-45g

1日のコスパ 92-118円

成猫.5kg未満

25-35g

1日のコスパ 66-92円

成猫 2.5-3.5kg

45-55g

1日のコスパ 118-145円

成猫 2.5-3.5kg

35-45g

1日のコスパ 92-118円

成猫 3.5-5.0kg

55-70g

1日のコスパ 145-184円

成猫 3.5-4.5kg

45-60g

1日のコスパ 118-158円

成猫 5.0-6.5kg

70-85g

1日のコスパ 184-224円

成猫 4.5kg〜

60g〜

1日のコスパ 158円〜

モグニャン子猫

カナガン子猫

子猫 2か月未満

35-50g

1日のコスパ 92-132円

子猫 2か月未満

20-30g

1日のコスパ 52-79円

子猫 2-4か月

50-70g

1日のコスパ 132-184円

子猫 2-4か月

30-55g

1日のコスパ 79-145円

子猫 4-6か月

70-80g

1日のコスパ 184-211円

子猫 4-6か月

55-75g

1日のコスパ 145-198円

子猫 6-12か月

80-100g

1日のコスパ 211-264円

子猫 6-12か月

75g〜

1日のコスパ 198円〜

 

 

カナガンとモグニャンのコスパを比較したまとめ

カナガンとモグニャンのコスパを比較してみましたが、コスパがいいのは断然カナガンとなりました!1日のコスパは30円ほどの差がありましたが、モグワンのコスパが高いのはより新鮮な野菜・フルーツをカナガンよりも使用しているので仕方がないかもしれませんね。。

 

カナガンとモグワンは公式サイトとAmazonで購入することができますが、よりお得に購入する方法は公式サイトで注文するほうが断然安いです!Amazonでの販売価格は公式サイトの通常購入と同じ価格になるのですが、公式サイトの通常購入で注文すると最後に「キャンセル自由の仮予約」というご案内があるのでそれで予約注文すると最初から10%OFFで購入することができますよ!!

 

この「キャンセル自由の仮予約」とは、次回分も予約注文しておくというシステムでカナガンやモグニャンを初回試してみて続けて与えたいという場合には自動的に次回分が届くという便利な機能です。しかも2回目からの分は解約したいという時も公式サイトで簡単に解約ができるのでかなりお得なサービスです。

 

カナガンやモグワンを少しでも安く購入する方法を徹底的に調べた記事もありますのでご参考になれば幸いです!

 

>>カナガンキャットフード|原材料成分や口コミ評判を徹底解析!

>>モグニャンキャットフード|原材料成分や口コミ評判を徹底解析!

 

 

モグニャンとカナガンを比較してわかったこと

カナガンとモグニャンを比較

 

 

購入価格はどちらも一緒で、容量も同じでした

モグニャンとカナガンに共通して言えることは、無添加・グレインフリー・猫に必要な動物性タンパク質が豊富でどちらもトップクラスのキャットフードだということがわかりました^^
どちらも同じ販売会社ということで、販売価格と容量も同じでした。また、最安値通販を調べてみましたがどちらも公式サイトかAmazonのみの販売で、最安値通販は公式サイトの方が安かったです。さらに公式サイトでは定期コースという最大20%オフでお得に購入することもできるので「モグニャン」「カナガン」を購入するなら公式サイトがお得ですね!

 

モグニャン 公式サイト/3168〜3960円  アマゾン/4730円
カナガン 公式サイト/3168〜3960円  アマゾン/4730円

 

 

子猫や成猫でおすすめなのはカナガンキャットフード

子猫のキャットフードをカナガンとモグニャンを比較すると、新鮮な動物性タンパク質が豊富なカナガンの方がおすすめです。子猫は消化能力も低く、消化吸収が良い肉原材料を豊富に使用しているキャットフードがおすすめです。また、栄養価で必要な成分はタンパク質、脂質、カロリーが高めのキャットフードを選んであげるといいのでカナガンキャットフードがおすすめです!

 

>>カナガンキャットフードの最安値通販サイトはこちら


 

 

高齢猫やダイエットでおすすめなのはモグニャンキャットフード

シニア猫のキャットフードで大切なことは低タンパク質・低脂質・低カロリーではなく、実は最近のキャットフードの研究では高タンパク・高脂質・高カロリーの方が老猫の健康には必要だということが分かってきました。タンパク質は30%以上が理想で脂質に関しては15〜20%で年齢に合わせて少ないものに切り替えてあげるだけで健康的なシニア生活を送ることができます。なのでシニア猫用にはモグニャンがおすすめです!また、マグネシウムの量も少ないので尿路結石対策にもおすすめですね!

 

>>モグニャンの最安値通販を調べた記事はこちら

 

 

モグニャンとカナガンの原材料成分を比較した結果

モグニャンとカナガンともに粗悪な添加物を使用していない徹底ぶりで、無添加・グレインフリーの安心度・安全性には問題なく愛猫の身体の事を考えているキャットフードでした!

 

尿路結石対策として基準になるマグネシウムの量はどちらも問題のない値になっていますが、すこしでもマグネシウムの量を抑えているキャットフードをお探しの場合はカナガンの方がおすすめですね。

 

タンパク質と脂質の量では大きな差がありましたのでご説明すると、子猫や成猫など活発な猫ならカナガンの方が適していると感じました。また日本で飼われている猫は、室内飼いが多いのでそこまで高タンパク質はいらないという方にはモグニャンの方がおすすめだと思いました。

 

モグニャンタンパク質は30%・脂質は16%となっているのでおすすめな猫は、おとなしめな猫や高齢猫(老猫・シニア猫)に特におすすめ出来るキャットフードだと思いました。そして肥満猫のダイエットにもおすすめの成分値で愛猫の健康を第一に考えているキャットフードですね!

 

 

キャットフードを目的別で探す

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー