成猫用キャットフードで人気キャットフードと選び方を徹底解析!

1歳前後になってくると、子猫の成長速度にもよりますが成猫になります。成猫になるとしっかりとキャットフードを食べれるようになってきますが、子猫と同じ給与量を与えていると肥満体型になってしまいますのでしっかりと調整してあげましょう。

 

成猫用キャットフードの種類分けもされていますが、実はわざわざ成猫用に切り替える必要がなかったりするのです。ではどんなキャットフードを成猫になった愛猫に与えることが健康的な体を維持できるのかも徹底的に調べてみましたのでご参考になれば幸いです。

 

成猫用キャットフード 目次
成猫用キャットフードのおすすめ人気ランキング
成猫用キャットフードの選び方を3つのポイントでご紹介
成猫用キャットフードを3つのポイントで比較

 

 

成猫用キャットフードのおすすめ人気ランキング

成猫用キャットフードのおすすめ人気ランキング基準は、

  • 成猫にとってしっかりと栄養を吸収できるか?
  • 粗悪な原材料や粗悪な添加物は使っていないか?
  • トップクラスのキャットフードでも続けやすいコスパか?

この3つをランキングの基準として比較しています。

老猫ランキング

モグニャンの特徴

モグニャンキャットフードは白身魚を豊富に使用した動物性タンパク質源が高いキャットフードなのですが、以外と低脂肪低カロリーでダイエットや肥満対策におすすめです^^運動量が減った肥満気味の愛猫にもおすすめのキャットフードで肥満による糖尿病予防にも効果があります。さらにモグニャンはグレインフリーで無添加なキャットフードで穀物アレルギーで困っている飼い主さんやシニア猫にもうれしい成分内容よ原材料で発売されてまだ歴史は浅いですが人気急上昇です。

【キャットフードの教科書】限定で、モグニャンの初回購入分が半額(50%OFF)となるキャンペーンを実施して頂いています。この機会に是非、安全でおすすめできるモグニャンを試してみてくださいね!!

価格 1.5kg 初回半額1,980円
評価 評価5
備考 お試しキャンペーン中/動物性タンパク質が豊富で適度な脂質/グレインフリー/無添加/タウリン◎

老猫ランキング

シンプリーの特徴

シンプリーのキャットフードは2016年からグレインフリーにレシピを変更してからかなりおすすめのキャットフードとなりました。また、肉原材料は骨抜きサーモン31%、乾燥ニシン12%、乾燥サーモン11%、乾燥白身魚6.5%、生マス4.65%などの数種類の魚を使った魚メインのキャットフードです。グレインフリーなので消化能力が低い子猫やシニア猫にも安心して与えることができます。チキンアレルギーの猫にかなりおすすめのキャットフードです。

価格 1.5kg 3960円
評価 評価4.5
備考 動物性タンパク質◎/脂質◎/グレインフリー/無添加/タウリン◎

老猫ランキング

ジャガーの特徴

ジャガーキャットフードはタンパク質が40%と動物性タンパク質が豊富なのに低脂肪・低カロリーで意外とダイエットにもおすすめです。クランベリーやブルーベリーといった尿路結石症対策にも効果がある原材料を使っていてリンとマグネシウムの量も申し分のない適切な量でおすすめのキャットフードです^^

価格 1.5kg 4280円
評価 評価4
備考 動物性タンパク質◎/脂質◎/グレインフリー/無添加/タウリン〇

 

 

成猫用キャットフードの選び方を3つのポイントでご紹介

動物性タンパク質が豊富なキャットフード

子猫や成猫、そして高齢猫のすべての年齢で必要な栄養素は動物性タンパク質が豊富なキャットフードです。

 

よく勘違いされている方も多いのですが、タンパク質量が多いキャットフードならなんでもいいと思ってたりしていませんか?猫に必要な栄養素は植物性タンパク質ではなく良質な肉原材料を豊富に使っている動物性タンパク質が大切なのです。

 

※原材料に記載されている順番は、使用している材料が多い順に表示されているので肉類が最初に表示されているキャットフードを選びましょう!

 

子猫の時から穀類が少ない物を選んであげることが大切

猫は穀物を消化することが苦手な為、穀類が少ない物や穀物不使用のグレインフリーキャットフードを選んであげることをおすすめします。安価なキャットフードの原材料を見てみると原材料が表記されている最初にトウモロコシや小麦などが記載されている物が多いですね。

 

これは猫の消化を妨げたりアレルゲンになりやすかったりとかさ増しの為に使われているのでしっかりと原材料をチェックしてあげることが大切ですね!

 

安心安全を求めるなら無添加のキャットフードが間違いない!

添加物の中には粗悪な物を使用しているキャットフードもあるのでしっかりと見極めてあげたいですよね。ただ添加物の種類を一から調べるのって本当に大変です・・・

 

無添加のキャットフードを選んであげたら気にする必要もなくなり、愛猫にあった肉原材料や成分値をしっかり考慮してあげることができますよね^^

 

キャットフードを選ぶ際にチェックしている方法は?
  • 無添加キャットフードか?
  • グレインフリーか?
  • 新鮮な肉原材料で高タンパク質か?

私の場合、この3つをしっかりチェックしてキャットフードを選んでいますよ^^

 

 

成猫用キャットフードを3つのポイントで比較

人気の成猫用キャットフードから3つのポイントで比較してみました。病気のリスクが高くなる添加物、消化しずらい穀物、肉原材料は何を使っているを各メーカーの原材料や成分をもとに比較してみましたので子猫用キャットフードを選ぶ時のご参考になれば幸いです。

 

 

動物性タンパク質

(多いが◎)

穀物

(少ないが◎)

添加物

(少ないが◎)

モグニャン

カナガン

シンプリー

ジャガー

ファインペッツ

オリジン

ロイヤルカナン

1種類使用

サイエンス

ピュリナワン

アイムス

 

成猫用キャットフードランキング

 

キャットフード選びで迷ったらおすすめはコレ!!

キャットフードを探しているけど、どのキャットフードが良いのか分からなくなったらモグニャンのキャットフードはかなりおすすめです!!

モグニャンキャットフード商品レビュー

粗悪な添加物

穀物は使用しているか?

動物性タンパク質は豊富か?

なし

不使用(グレインフリー)

新鮮な白身魚を豊富に使用

尿路結石対策はどう?

マグネシウムは?

アレルギーや肥満対策は?

クランベリー配合

0.12%

グレインフリーで低カロリー

モグニャンキャットフード

 

おすすめキャットフード

 

危険な成分について

 

キャットフードの選び方 目次

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー

関連ページ

子猫用
子猫を飼い始めた人や、子猫が餌を食べないなど、成長期の子猫用キャットフードのおすすめや、安全で正しい選び方はどうすればいいのかを分析してみました。子猫用キャットフードについて詳しく知りたい人のご参考になれば幸いです。
老猫用
老猫(高齢猫・シニア猫)になってきたけど、健康で病気知らずの体を維持するキャットフードを徹底解析しました。老猫におすすめのキャットフードをランキング形式でご紹介もしていますのでご参考になれば幸いです。