安い市販の人気キャットフードをランキング形式で徹底解析

市販の安いキャットフードランキング

 

市販で販売されているキャットフードは、どこでも購入しやすくそして安くて続けやすいというメリットがあります。そんな安くて購入しやすいキャットフードをランキング形式でご紹介しようと思いますのでご参考になれば幸いです。

 

市販のキャットフードの目安やメリットってあるの?

市販の安いキャットフードランキング

 

市販で販売されているキャットフードの目安とは?

市販のキャットフードは当サイトでもおすすめしているプレミアムキャットフードに比べると価格が圧倒的に安く目安としては1kg600円くらいでかなり続けやすいというのがメリットになります。

 

さらに食いつきを良くするために様々な味付けの物が販売されているところも有難いですよね!そして通販で購入すると商品が届くまでに1日〜3日ほどかかるので市販のキャットフードならその日に調達することもできるのでかなりお手軽で便利です。

 

市販のキャットフード最大のメリット

価格が安いので続けやすい
国産のキャットフードが数多く販売されている
味の種類も豊富で猫が飽きない
いつでも購入することができる

 

市販で有名&人気キャットフードを比較してみました

市販の安いキャットフードランキング

 

ここでは楽天やアマゾンなどで販売されている市販のキャットフードの価格を分析してみましたので参考になれば幸いです。

市販のキャットフード 価格(容量) 1日のコスパ 備考
フリスキードライミックス 約665円(2kg) 約29円 フィッシュ
カルカン毛玉ケア11歳 約399円(1.6kg) 約35円 かつおとチキン味
ミオ ドライミックス 約369円(1.2kg) 約48円 まぐろしらす小魚味
いなば金のだし 約398円(1kg) 約64円 かつおだし味
銀のスプーン7歳以上 約985円(1.5kg) 約50円 お魚づくし
シーバヂュオ 約317円(240g) 約136円 マグロ味
アイムス毛玉ケア7歳以上 約722円(850g) 約71円 うまみチキン
ねこ元気7歳以上 約765円(2kg) 約42円 マグロチキン
キャネットチップ 約648円(2.7kg) 約30円 肉魚ミックス
サイエンスダイエット 約1454円(1.8kg) 約61円 体型・毛玉ケア
ピュリナワン 約1575円(2.2kg) 約58円 室内・ターキーチキン

 

市販の激安キャットフードランキング

市販の安いキャットフードランキング

 

こちらのランキングでは、市販で販売されていて価格が激安のキャットフードをランキング形式でご紹介していますので、あくまでも安さ重視でご紹介しています。

 

フリスキー

フリスキー

フリスキーの特徴

スーパーでもホームセンターでもどこでも販売しているフリスキーのキャットフードは調べた中でも一番安かったです。地域によっては価格が前後するかもしれませんがネット通販を調べた中でも安かったです。穀物や4Dミール、着色料が気になります・・・

価格 1日のコスパ 約29円
評価 評価0.5
備考 穀物が多い/4Dミール使用/着色料などの添加物も多い
キャネットチップ お魚とお肉ミックス

キャネットチップ

キャネットチップ お魚とお肉ミックスの特徴

キャネットチップもかなりの激安価格でした。ただマグネシウムの量が尿路結石を考えて配慮したキャットフードだと思いました。着色料の赤102は発がん性のある添加物なので残念ですが・・・

価格 1日のコスパ 約30円
評価 評価0.5
備考 主原料が穀物/不明なミールやパウダー系/着色料使用
カルカン 毛玉ケア

カルカン

カルカン 毛玉ケアの特徴

成分など調べていると尿路結石対策としても良いのでは?と思われがちですが、原材料を見てみると穀物や着色料、BHA・BHTなど気になる成分が多いです・・・

価格 1日のコスパ 約35円
評価 評価0.5
備考 穀物が主原料/着色料使用/危険な酸化防止剤BHA・BHTを使用

 

市販の激安キャットフードのデメリットとは?

市販の安いキャットフードランキング

 

市販で販売されている激安キャットフードの成分値を見てみると悪くないと思ってしまいますが、原材料に関しては穀物が多かったり、着色料、保存料などの危険だと思われる添加物が非常に多く使われています。

 

体の健康維持は猫それぞれによって違いはあると思いますが、危険な添加物の取り過ぎでガンなどの病気になるリスクは高いと言われています。市販で販売されている激安キャットフードのデメリットをまとめてみました!

  • 主原料に穀物など栄養価が低い材料が使われていることが多い
  • 着色料などガンになりやすい添加物が使われている
  • ミートやパウダー、エキスなどの不明な肉原材料が多い
  • 保存料などにBHA・BHTなど危険な添加物が使われていることがある

 

キャットフードランキング

 

キャットフードの選び方 目次

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー