危険な食べ物|猫に与えると毒となり危険な食べ物を調べてみました

猫に危険な食べ物

 

ここでは猫が知らない間に食べてしまっていた・・・など間違えて食べさせてしまった食べ物の危険性をご紹介しようと思います。ついうっかり・・・がないように注意してあげましょう。

 

始めて猫を飼い始めた方にはコレもダメなんだーと思うことも多いと思いますが、下記の危険な食べ物は猫の目に付かない場所に廃棄したり保管したりすることが大切になってきます。

 

ご家族で飼われている方は、家族にも気を付けてもらうよう教えてあげるとより安全ですね。

 

長期に渡り食べ続けると害のある食べ物

害のある食べ物

 

牛乳 猫は乳糖(ラクトース)を分解する酵素である「ラクターゼ」をもっていない猫が多く、わざわざ人間用の牛乳を与えても下痢をしてしまいます。与えるのであれば猫用で販売しているミルクをあげるようにしましょう。人間でも牛乳を飲むとお腹を壊す方がいますが、これらの方々もラクターゼを持っていない人で遺伝的な物です。
レバー ビタミン群が豊富なレバーなのですが、大量に食べると害があります。レバーのビタミンAは脂溶性ビタミンで、過剰に取り過ぎたビタミンAが蓄積されビタミンA過剰症になり、自然骨折・骨奇形・赤血球の減少・成長の妨げ・内出血などの症状が出ます。
香辛料 コショウ・ブラックペッパー・唐辛子・カレー・タバスコなどの香辛料は胃腸炎や内臓障害の原因になる可能性があるので注意しましょう。面白半分で食べさせている画像を見たことがありますが絶対にやめましょう

 

最悪の場合死に至る場合がある食べ物

最悪の場合死ぬこともある危険な食べ物

 

アボガド アボガド果実、種、葉などにはペルシンという物質が含まれていて、馬・牛・犬・猫・フェレットなどの動物に与えると中毒症状を起こし、痙攣・呼吸困難などに陥る場合があるので注意しましょう。サラダとして私たちが食べた残飯などをあさらないようにきちんと処理してあげましょう。
鶏の骨 鶏の骨や魚の骨などは消化器官内に刺さりやすいので与えないようにしましょう。のどに詰まって呼吸困難を起こす危険がありますので猫の目に付かない場所へ廃棄しましょう。
人間用の医薬品 私たちが使う医薬品は猫の何十倍と大きな体用に作られているため、小さな猫に与えると副作用を通りこし毒薬になってしまうことも!猫に人間用の風邪薬などを与えるのは止めましょう。
ネギ類 ネギ・玉ねぎ・ニラ・ニンニク・ラッキョウなどに含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分が赤血球を破壊します。症状は血尿・下痢・嘔吐・発熱・貧血などを起こします。子猫やシニア猫の場合、死亡することもある危険な食べ物です。そして加熱してもアリルプロピルジスルファイドは無くならにので汁物も危険ですので注意してください。
チョコレート チョコレートやココアに含まれるカカオの香り成分のテオブロミンが猫の体に害があります。症状は痙攣・嘔吐・下痢・不整脈・血圧上昇・心拍上昇などがあります。最悪の場合命を落とす場合もありますので誤食には十分注意してあげましょう。
カフェイン コーヒーなどに含まれているカフェインには、中枢神経に対する強い興奮作用があります。人間が服用すると頭がすっきりしたりしますが、体の小さな猫が摂取すると、体調不良の原因になります。人間、犬や猫における致死量は、体重1kgあたり150mgで誤飲には気をつけましょう。

 

キャットフード原材料に含まれる危険な添加物?

猫に危険な添加物

 

市販で販売されているキャットフードの中には、粗悪な原材料を使用しているメーカーもあります。その鮮度の悪い原材料(肉や穀物など)を使用することで安価なキャットフードを製造することが可能です。

 

さらに粗悪な原材料を使用することで、酸化を速めてしまうリスクがあるので腐りにくいように保存料や着色料などで見た目を綺麗に見せるために危険な添加物を使用していることもあります。

 

キャットフードに使用されている危険な添加物

それでは、キャットフードに使用されていたら不安な添加物を一覧にまとめてみましたのでご参考にしてみてください。

 

危険な添加物

説明

BHA・BHT

両方ともに人間にも危険とされている酸化防止剤で、使用禁止にはされていませんが欧米からの圧力で日本への輸入品には使用禁止にすることは出来ませんでした。

エトキシキン

酸化防止・防腐効果が高い飼料用の添加物として世界中で使用されている危険な添加物。毒性が非常に強い為、食品に添加されることは規制されています。特にキャットフードの4Dミールには使用されていることが多いとされています。

合成着色料

粗悪な肉類を使用しているメーカーが美味しそうに見せるためだけに使用され健康を害するリスクが高い添加物です。ラットでの実験では、甲状腺線腫の増加・赤血球の減少・食欲低下・体重減少・成長の遅れ・発がん性・検疫力低下・アレルギーなどのリスクが伴い健康被害がありました。

人工香料

人工香料の中には皮膚毒性が強い成分・発がん性などラットでの実験では死亡してしまうとういう結果も発表されています。粗悪な原材料を使用しているフードでは猫の食いつきが悪い為、香りつけの為に香料を使用していることが多いです。

副産物

肉副産物を一言で言うと哺乳動物の肉以外の部分全てに各当します。これは内臓や脳、汚物を取り除いた小腸・肝臓・血液・骨・被毛・羽根・ひづめ・角などを高温高圧で燻製し粉末化したもので、消化に悪く栄養価が低いものです。

4Dミール

4Dミールとは4つのDから始まる単語を表した動物の肉で日本語で訳すと「死んでいる」「死にかけ」「病気を持っている」「障害を持っている」肉の事を表しています。人間用ではまず使用されることがありませんが、狂犬病や癌になった動物の肉が使われています。ペットフードとしての再利用としても使用されている肉で「ミートやミール」と記載されているものは注意してあげた方が安心です。

遺伝子組み換え原料

米国では遺伝子組み換え食品が販売されるようになってきてから、癌・白血病・アレルギーなどの慢性疾患が急増しているので注意しましょう。キャットフードの匠で調べたキャットフードの中には使用されている物はありませんでしたが注意して確認してあげましょう。

獣医の私

 

最近では危険(粗悪な添加物を使用している)なキャットフードを愛猫に与えるのを止めようと、安全なキャットフードを選ぶ飼い主さんの意識が高くなっていますね!その為、国内のペットフードメーカーは、以前までは気にせず使用していた粗悪な人口添加物の使用を止めて、健康維持を目指した良質な国産キャットフードも販売するようになってきましたね!

 

キャットフードの教科書を監修している私が選んだおすすめキャットフードも参考にしてみてくださいね!


 

キャットフードの添加物を気にせず食べ続けると?

上記の危険な添加物を食べ続けると健康維持や病気になるリスクが高くなると言われています。大切なことは粗悪な添加物を猫の体に蓄積させない事、危険と言われている成分を使用したキャットフードを与えない事が重要になってきます。

 

確かに安価なキャットフードには経済的な事を考えると購入してしまいがちなのですが、病気になってしまった事を想像するとどうでしょうか?本当にかわいそうですよね!治療費も高額ですべてにおいてマイナスになってしまいます。

 

無添加で健康維持に役立つキャットフードの販売価格は高いのは事実ですが、1日のコスパで計算すると以外とそこまで高くないフードがあるので安全な物を食べさせてあげることが大切ですね^^

 

当サイトで調べた安心で安全なキャットフードをおすすめランキングとしてご紹介していますのでご参考になれば幸いです。下記のボタンをクリックしてもらうと結果をご覧いただけますよ!

 

ドッグフードを猫に与えても大丈夫か?

猫にドッグフードは安全?

 

これはたくさんお問い合わせをもらったり、Q&Aでもよくありますが、結論で言うと良くありません。

 

雑食の犬と違い猫は完全な肉食動物で、キャットフードの方が高タンパク質で高脂質になっています。簡単に言うと猫にはより肉の量が多いキャットフードが必要という事なんです。そして犬と猫の一日の必要なタウリンの量が違う為、ドッグフードを与え続けるとタウリン欠乏症となり、心筋肥大や盲目などの症状が出てしまいますので、猫にはキャットフードをあげましょう!

 

おすすめキャットフード

 

危険な成分について

 

キャットフードの選び方 目次

子猫用キャットフード 成猫用キャットフード 老猫用キャットフード

子猫用 〜1歳

成猫用 1〜6歳

老猫用 7歳〜

尿路結石対策キャットフード ダイエットキャットフード アレルギー対策キャットフード

尿路結石対策

ダイエット肥満対策

アレルギー対策

腎臓ケアキャットフード 無添加キャットフード グレインフリーキャットフード

腎臓ケア対策

無添加

グレインフリー

関連ページ

獣医の安全で正しい選び方とおすすめ猫餌
キャットフードを選び方で間違った認識だと愛猫の病気のリスクを高めてしまう事もあります。猫の長生きの為にもキャットフードの正しい選び方でサポートしてあげることも大切なのでご参考になれば幸いです。
キャットフードの与え方を間違うと健康を損なうこともあるって本当?
キャットフードの与え方は必要な量や食べる時間や回数を守ってあげることが大切です。最近の研究では猫の食事は1日1回より2回の方が尿石症のリスクが減ることもわかってきました。意外と知らないキャットフードの与え方をご紹介しています。
おすすめのプレミアムキャットフードって本当に良いの?
プレミアムキャットフードって最近話題になっている安心で安全な原材料や成分が素晴らしく動物性タンパク質が豊富なキャットフードなのですが、メリットやデメリットなど詳しく紹介していこうと思います。
安い市販の人気キャットフードをランキング形式で徹底解析
市販の安い人気キャットフードを徹底的に分析していまみました。ペットショップやホームセンターなどどこでも購入できるキャットフードをランキング形式でご紹介していますのでご参考になれば幸いです。