危険な食べ物|猫に与えると毒となり危険な食べ物を調べてみました

猫に危険な食べ物

 

ここでは猫が知らない間に食べてしまっていた・・・など間違えて食べさせてしまった食べ物の危険性をご紹介しようと思います。ついうっかり・・・がないように注意してあげましょう。

 

始めて猫を飼い始めた方にはコレもダメなんだーと思うことも多いと思いますが、下記の危険な食べ物は猫の目に付かない場所に廃棄したり保管したりすることが大切になってきます。

 

ご家族で飼われている方は、家族にも気を付けてもらうよう教えてあげるとより安全ですね。

 

長期に渡り食べ続けると害のある食べ物

牛乳 猫は乳糖(ラクトース)を分解する酵素である「ラクターゼ」をもっていない猫が多く、わざわざ人間用の牛乳を与えても下痢をしてしまいます。与えるのであれば猫用で販売しているミルクをあげるようにしましょう。人間でも牛乳を飲むとお腹を壊す方がいますが、これらの方々もラクターゼを持っていない人で遺伝的な物です。
レバー ビタミン群が豊富なレバーなのですが、大量に食べると害があります。レバーのビタミンAは脂溶性ビタミンで、過剰に取り過ぎたビタミンAが蓄積されビタミンA過剰症になり、自然骨折・骨奇形・赤血球の減少・成長の妨げ・内出血などの症状が出ます。
香辛料 コショウ・ブラックペッパー・唐辛子・カレー・タバスコなどの香辛料は胃腸炎や内臓障害の原因になる可能性があるので注意しましょう。面白半分で食べさせている画像を見たことがありますが絶対にやめましょう

 

最悪の場合死に至る場合がある食べ物

アボガド アボガド果実、種、葉などにはペルシンという物質が含まれていて、馬・牛・犬・猫・フェレットなどの動物に与えると中毒症状を起こし、痙攣・呼吸困難などに陥る場合があるので注意しましょう。サラダとして私たちが食べた残飯などをあさらないようにきちんと処理してあげましょう。
鶏の骨 鶏の骨や魚の骨などは消化器官内に刺さりやすいので与えないようにしましょう。のどに詰まって呼吸困難を起こす危険がありますので猫の目に付かない場所へ廃棄しましょう。
人間用の医薬品 私たちが使う医薬品は猫の何十倍と大きな体用に作られているため、小さな猫に与えると副作用を通りこし毒薬になってしまうことも!猫に人間用の風邪薬などを与えるのは止めましょう。
ネギ類 ネギ・玉ねぎ・ニラ・ニンニク・ラッキョウなどに含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分が赤血球を破壊します。症状は血尿・下痢・嘔吐・発熱・貧血などを起こします。子猫やシニア猫の場合、死亡することもある危険な食べ物です。そして加熱してもアリルプロピルジスルファイドは無くならにので汁物も危険ですので注意してください。
チョコレート チョコレートやココアに含まれるカカオの香り成分のテオブロミンが猫の体に害があります。症状は痙攣・嘔吐・下痢・不整脈・血圧上昇・心拍上昇などがあります。最悪の場合命を落とす場合もありますので誤食には十分注意してあげましょう。
カフェイン コーヒーなどに含まれているカフェインには、中枢神経に対する強い興奮作用があります。人間が服用すると頭がすっきりしたりしますが、体の小さな猫が摂取すると、体調不良の原因になります。人間、犬や猫における致死量は、体重1kgあたり150mgで誤飲には気をつけましょう。

 

猫にドッグフードは大丈夫

 

ドッグフードを猫に与えても大丈夫か?

これはたくさんお問い合わせをもらったり、Q&Aでもよくありますが、結論で言うと良くありません。

 

雑食の犬と違い猫は完全な肉食動物で、キャットフードの方が高タンパク質で高脂質になっています。簡単に言うと猫にはより肉の量が多いキャットフードが必要という事なんです。そして犬と猫の一日の必要なタウリンの量が違う為、ドッグフードを与え続けるとタウリン欠乏症となり、心筋肥大や盲目などの症状が出てしまいますので、猫にはキャットフードをあげましょう!